カラモモ日記

徒然なるままに。カメラを持って散歩しています。

撮影記

PENTAX K-3 IIとキットレンズ、撒き餌レンズを持って大阪伊丹空港千里川土手に行ってみた

投稿日:2018年10月12日 更新日:

伊丹空港千里川土手にて 1

DA18-135mm, 18mm, f11, 1/500秒, ISO320

 キットレンズ「smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR」、撒き餌レンズ「smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL」と PENTAX K-3 II を持って、初めて大阪伊丹空港そばの千里川土手に行ってみました。

高価なカメラ・レンズじゃなくても十分楽しめた千里川土手

 今回行ったのは10月2日、大阪の予想最高気温が25℃、西からの風があり日陰にいれば過ごしやすい日でした。JPEG撮って出し、トリミングはしておらず、Flickrにアップする際にリサイズしただけです。

DA 18-135mm で撮影開始

 今回アップしたものは伊丹空港の32Lエンド、滑走路に対して奥側の堤防で撮影したものです。

伊丹空港千里川土手にて 2

 滑走路との距離が近いので、まず飛行機の大きさに驚きます。実際に何回も搭乗しましたが、間近で飛んでくる飛行機を見るのは初めてです。こちらに向かってくる機体に対し夢中でシャッターを切りました。

伊丹空港千里川土手にて 3

 初めて来た慣れない場所での撮影。着陸の瞬間の1枚は手前のフェンスにピントが合ってしまいました。

 とは言え、次から次へと大型機から小型機、プロペラ機などいろいろな機種が飛んできます。

伊丹空港千里川土手にて 4
伊丹空港千里川土手にて 5
伊丹空港千里川土手にて 6
伊丹空港千里川土手にて 7
伊丹空港千里川土手にて 8
伊丹空港千里川土手にて 9

 たまにはこんなのも撮ってみたり。

伊丹空港千里川土手にて 10

 17:30くらいから少しづつ暗くなってきます。

伊丹空港千里川土手にて 11

 18時前になるとかなり暗くなり、滑走路上の灯火が点灯しました。こうなってくるとキットレンズでの撮影がつらくなってきます。

DA 35mm f2.4に交換

 辺りが暗くなってくると、ISOがどんどん上がる、シャッタースピードも遅くなるでどうしようもなくなりました。そこでDA 35mm f2.4(DA35安)に交換し、帰る前の悪あがきでがんばってみます。三脚は持っていってなかったので以下の3枚は手持ちで撮影しました。

伊丹空港千里川土手にて 12

DA35mm f2.4, 35mm, f2.8, 1/200秒, ISO3200

伊丹空港千里川土手にて 13

DA35mm f2.4, 35mm, f2.4, 1/10秒, ISO3200

伊丹空港千里川土手にて 14

DA35mm f2.4, 35mm, f2.4, 1/3秒, ISO1250

 ここで撮影を終了しました。千里川土手での滞在時間は約4時間、合計で800枚弱撮影しました。

まとめ

  • 着陸機までの距離が短いので、キットレンズや撒き餌レンズでも十分楽しい!
  • 離陸機はフルサイズ換算200mmでは足りない気がする
  • 望遠レンズ、もっと明るいレンズがほしくなるので沼への入り口に立った気もする
  • 水分補給、虫よけ対策を忘れずに

 でもやっぱり動体撮影に強いカメラはほしい……。

created by Rinker
キヤノン
¥108,990 (2018/10/20 09:45:03時点 Amazon調べ-詳細)

  • この記事を書いた人

京終

PENTAX K-3 II ユーザー。ガジェット好き。 カメラを持って散歩してます。

-撮影記
-, , , , ,

Copyright© カラモモ日記 , 2018 All Rights Reserved.