OCNモバイルONEとdocomoのXperia SO-01Eで毎月1,020円

スマートフォンのSIM交換

 私は現在、「OCNモバイルONE」のSIMと、ヤフオク!で落札したdocomoのスマートフォンXperia AX(SO-01E)を利用しています。

リンク月額972円(税込)からのLTE「OCN モバイル ONE」【NTTコミュニケーションズ】

 ガラケーで通話とキャリアメール、その他SNSなどをスマートフォンの2台持ちですが、分けて良かったと思っています。

私がOCNモバイルONEを選んだ理由

利用料金が安い

 以前はauのスマートフォンを使っていました。その時は、毎月だいたい7,000円~8,000円の料金がかかっていました。それをOCNモバイルONEに替えたところ、毎月1,000円ちょっとになりました。

 また、最近は格安SIM業者の競争が激しくなったためか、OCNモバイルONEも、当初は50MB/日(900円)のコースでしたが、いつの間にか70MB/日、110MB/日へと増量していきました。

通信速度が毎日リセットされる

 OCNモバイルONEは毎日通信速度がリセットされるコースがあります。110MBまではLTEの最大通信速度ですが、それを越えると200kbpsに制限されます。

 110MBを超えたとしても翌日には戻りますし、ちょっとした検索やTwitterを使う分には問題ありません。

1GB/3日の通信速度制限がない

 docomoでは廃止されましたが、MVNOではまだまだ制限を掛けているところがあります。月ごとに容量制限してるのに、更に3日で制限されることに納得いかないユーザーも多いのではないでしょうか。

「@*.ocn.ne.jp」ドメインのメールアドレスが一つ貰える

 Gmailがあればほとんど使わないのですが、OCNドメインのメールアドレスを無料で一つもらえます。

格安SIM(MVNO)は本当に使えるのか

こういった格安SIM(MVNO)を使っていると「通信エリアが狭いんじゃないの?」と聞かれますが、全く問題ありません。

 なぜなら、『docomoの回線を使って(借りて)いる』からです。

 これはOCNモバイルONEのパッケージに入っていたSIMカードですが、docomoのSIMカードが入っています。ですので、docomoの通信エリア内であれば問題なく使えます。

 また、docomoのSIMを使っていますのでdocomoのスマートフォンがそのまま利用できます。わざわざSIMフリーのスマートフォンにこだわる必要はありません。もちろんSIMフリーのスマートフォンも使えます。

 現在はいろいろな会社がサービスを行っています。通話ができるSIMも出て、選択肢が増えてきたように思います。

 docomo、au、ソフトバンクから脱却したいと考えている方、一度検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする