ブログを『wpXクラウド』に移転しました

wpXクラウド

 このブログはバリューサーバーの「まるっとプラン」で運営していましたが、エックスサーバー系列でWordPressを動かすなら一番速いと噂の「wpXクラウド」に移転しました。

リンクWordPressの運用に特化したクラウドサービス『wpXクラウド』

『wpXクラウド』に乗り換えた理由

WordPressを高速化したかった

 バリューサーバーの「まるっとプラン」でブログを始めてまだ1ヶ月ほどで、他社のレンタルサーバーと比べるような経験もないのですが、何となく管理画面が重たい印象を受けました。

 そこで、いろいろ調べてみると、どうやらエックスサーバーの評判がいいらしい、その中でも『wpX』が一番速いらしい、ということで決めました。

初期費用がかからない

『wpX』には、今回私が申し込んだ『wpXクラウド』のほかに『wpXレンタルサーバー』というサービスもあります。

 こちらもWordPressの運用に特化したレンタルサーバーで、データベースを10個まで使用することができ、独自ドメインのメールアドレスも作成できます。ただし、初期費用として5,000円(税抜)が必要です。初期費用無料とか半額のキャンペーンを行うこともあるようですが、「ブログを始めたい」と思ったときに、都合よくキャンペーンがある訳でもなく……。

 色々と迷ったんですが、今回は『wpXクラウド』にしました。

アクセスが増えてもグレードを上げるだけで対応できる

 もし仮に、ブログの運営がうまくいきアクセスが増えた場合でも、契約するグレードを変更するだけで対応できます。

wpXクラウド グレード表

 もちろん、グレードを上げるだけでなく下げることもできるので、1ヶ月単位で調整できるのもいいな、と思いました。

 ただ、私の場合、当分の間は毎月500円の「グレードA」で充分そうです。

wpXクラウドのデメリット

 wpXクラウドではメールサーバーが提供されていませんので、運用している独自ドメインのメールアドレスが使えないことくらいです。

移転後の感想

 管理画面の表示が明らかに速くなりました。バリューサーバーを使っているときのもっさりした感じがなくなり、「表示されるのを待つ」という時間が減りました。これは移転してよかったなと思いました。

 また、ネットの評判では「(キャッシュまわりの設定で)クセがあって使いにくい」というものもありましたが、私のようなレンタルサーバー初心者にとっては、特に難しい設定をしなくても十分速いので、WordPress初心者にこそ使ってほしいレンタルサーバーだと感じました。

「GTmetrix」を使って、バリューサーバーとwpXクラウドとの速度比較もしてみたので、このあとの記事にしたいと思います。