『wpXクラウド』でも「コピペ一発でSimplicityを結構高速化する方法」が使えるか試してみた

wpXクラウド

 WordPressの高速化を目指して『wpXクラウド』に移転しましたが、調べてみると「.htaccess」を編集することにより、更に高速化できる方法が紹介されていました。

 参考にさせていただいた記事はこちらです。

リンクコピペ一発でSimplicityを結構高速化する方法

この方法が『wpXクラウド』でも使えるのかどうか、「GTmetrix」で試してみました。

リンクGTmetrix | Website Speed and Performance Optimization

※カスタマイズを行う際には、必ずバックアップを取ってから作業を行ってください。

コピペ一発で高速化できるか、実験

  • 測定には「GTmetrix」を使用
  • WordPress 4.4 + Simplicity 1.9.3 20151126sのみインストール
  • その他はサーバー設定後のまま

「.htaccess」編集前

 最初は、WordPressを4.4にアップデートし、テーマをSimplicityに設定しただけの状態で測定しました。

wpX .htaccess編集前

  • PageSpeed Score:E(55%)
  • YSlow Score:C(77%)
  • ページロード:2.3s
  • ページサイズ:421KB
  • リクエスト:17

 理由は分かりませんが、「PageSpeed Score」の数値が悪いです。とりあえず、この結果を基準に見ていきます。

「.htaccess」編集後

「.htaccess」に、コピペ一発で高速化の設定を書き込んだ後に測定しました。

wpX .htaccess編集後

  • PageSpeed Score:E(55%) → B(84%)
  • YSlow Score:C(77%) → B(89%)
  • ページロード:2.3s → 2.1s
  • ページサイズ:421KB → 262KB
  • リクエスト:17 → 17

 スコアが改善し、ロード時間の短縮、ページサイズも小さくなっています。『wpXクラウド』でも「コピペ一発で高速化」の効果はあるようです。

「.htaccess」編集後 + 「mod_pagespeed」オン

 更に、「コピペ一発で高速化」と「mod_pagespeed」を併用した場合も調べてみました。

wpX pagespeed設定後

  • PageSpeed Score:B(84%) → B(84%)
  • YSlow Score:B(89%) → A(90%)
  • ページロード:2.1s → 1.8s
  • ページサイズ:262KB → 254KB
  • リクエスト:17 → 15

 この設定では、「YSlow Score」が更によくなり、ページの読み込み速度も速くなっています。

まとめ

「コピペ一発で高速化」は『wpXクラウド』でも効果があることが分かりました。「mod_pagespeed」を併用することにより、更にパフォーマンスがよくなりそうです。

 このブログはまだまだアクセスが少ないので、当分「mod_pagespeed」は無効にして使っていこうと思っていますが、時期をみて有効化していきたいと思います。