wpXクラウド・wpXレンタルサーバーが独自SSLとNginxに対応!早速設定してみた

wpXクラウド

 今日から「wpXクラウド」と「wpXレンタルサーバー」がLet’s encryptによる独自SSLに対応しました。

 6月末に対応したエックスサーバーと同様に、設定費用、更新料ともに無料で料金できます。

独自SSLを設定

wpXならではの親切設定

 wpXでは「SSL化補助機能」が用意されており、コンテンツ内のhttpからhttpsへの書き換え、また、httpからhttpsへリダイレクトするため.htaccessに追記する機能が提供されています。

wpX SSL化補助機能

 ただ、この機能を使ってみましたが、記事内で画像を読み込んでいるimgタグはhttpのままで、httpsには置換してくれませんでした。

 その他、サイトアドレスの変更やリダイレクトの設定はきちんとできていました。

これから修正します

 独自SSL対応のメールがきてすぐに申し込みをしましたので、まだ「混在コンテンツ」の警告がアドレスバーに出ていると思いますので、これから修正していきます。

WEBサーバーが「Nginx」に変更

wpX Nginx

 あまり宣伝されていませんが、サーバープログラムが「Nginx」に変更されたようです。wpXの管理パネル上に設定する項目が見当たりませんでしたので、特にユーザー側で設定することはなさそうです。

リンクWordPressの運用に特化したクラウドサービス『wpXクラウド』

リンクWordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』